FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

いぬぼくカフェ  

こんばんは、無限です。
今日はつい先日までアニぱらカフェでコラボをしていた妖狐×僕SS 藤原ここあカフェの感想について書いていこうと思います。
まず妖狐×僕SS(いぬぼく)を知らない人の為に軽く説明を・・・(いらない場合は続きを読むを押してください)

妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)とは、ガンガンJOKERで連載されていた藤原ここあ先生の漫画です。
先祖に妖怪と人間が交わり、その妖怪の血を強く受け継いで生まれた通称「先祖返り」の者達が共同で住むメゾン・ド・章樫、通称妖館(あやかしかん)。そこに引っ越してきた先祖返りの主人公・白鬼院凜々蝶(しらきいんりりちよ)が勝手につけられたシークレットサービスの御狐神双熾(みけつかみそうし)と妖館の住人達と共に過ごしていく物語です。

僕は2012年冬アニメとして放送されていた時にこの作品を知りました。
豪華声優、良作画、深夜アニメでは異例の7パターンのED、そして何よりも主人公の白鬼院凜々蝶がとてつもなく可愛くてこの作品に当時はハマりまくって原作を全巻揃えました。
悲しいことに4年前に作者の藤原ここあ先生が亡くなってしまったのですが、それでも妖狐×僕SSは根強い人気を持っており去年再放送され、そして今年はコラボカフェが開催されました。ファンとして嬉しい限りです。

長くなりましたがそろそろカフェの感想に移りたいと思います。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト



[edit]